カテゴリ:異世界と現実の真ん中で( 8 )
九州三国志記念(?)
あちこちでリアル甲府へ行った話で盛り上がっていますが、ここはあえて「リアル府内」を紹介してみるという試み。
実際に最近行った訳でなくて、記憶を元に書いているので、今はちょっと違うかも???

私視点で「信Onの府内を思い出させるぜ」的スポットを書いています。


【大友宗麟の像】
JR大分駅を出てすぐにあります。台座が高いからちょっと離れて写真撮ると良いかも?
ちなみに宗麟像の近所にちゃんと(?)噴水がありますw

【遊歩公園】
無意味に細長いお散歩用の公園(?)
いろんな像があります。「伊東マンショ」の像があります。

【城址公園】
いわゆる「府内城」だったところ…だと思う。
お堀があって白鳥とか泳いでいます。桜の木が植わってるのでお花見スポットになってます。
ただ……お城の建物はないので、期待していくとがっかりします。
お堀と石垣が残っていて、櫓や橋が復元されてるっぽいですよ。

【ポルトガル船モニュメント】 竹町ドーム広場
なんか南蛮の船です。

【西寒多神社】 大分県大分市寒田
ゲーム内に場所は出てこないんですが、他勢力ですすめた時に
お供に居る神職系の名前(西寒多神主・西寒多雑色など)になってます。
「ささむたじんじゃ」と読みます。
藤で有名です。 他の場所から離れてます。
ちなみにお供と言えば「太宰府巫女」って言うのも居ますが、太宰府は福岡県太宰府市の太宰府天満宮ですね。

【猿】
大分市と別府市の間にある「高崎山自然動物公園」にいっぱい居る。
餌付けされてるけど野性の猿なので「目を合わせたらいけない」らしい。
大分の子供たちは大抵猿がトラウマになっている。
ここの猿がモデルではないけど、お供に猿が混ざってるNPCがいるので、いれてみました。


歴史的なスポットはよく分からないので、
実際に行く時はちゃんと調べて行くのをお勧めします。。。
[PR]
by marika_c | 2008-04-10 11:50 | 異世界と現実の真ん中で
8/5 お館様パンダ
今日はログインできなかったわけですが……

c0013113_10223631.jpg

生茶についてるパンダのマスコット
「山梨ほうとう」だそーです。
頭にほうとうがついている……ではなくて、武田信玄らしいですよ?!

お館さまっぽいのでお迎えしました。
[PR]
by marika_c | 2007-08-05 23:59 | 異世界と現実の真ん中で
『風林火山』視聴日記 (第15回「諏訪攻め」)
途中から見たわけですが……録画してるのであとでちゃんと見るとして……

要約すると
「由布姫こえぇ、勘助無茶苦茶、馬場ピンチ」といった感じでした。

さらに言うなら
「高遠せこいぜ、禰々可愛い、(諏訪)頼重は単純すぎてちょっとアレ(泣)」という感じでしたね。
[PR]
by marika_c | 2007-04-15 20:45 | 異世界と現実の真ん中で
『風林火山』視聴日記 (第14回「孫子の旗」)
『風林火山』を見始めて早数ヶ月。
気になる事が2つばかりあります。

それは……馬場。
1stの部隊長であった「馬場信春」は一体いつ出るんだろう。
高坂は出てきたし、山県も今回出てきたんですが、馬場がまだ出てこないです。
まぁ、内藤も出てないわけですが、やっぱ気になるのは馬場ですよ、馬場。

あともう一つ……
ずっと気になってたんですけど……。
教来石って誰だろう…武将にそれっぽい名前のいないんだけど……??

そんな感じで気になっていたので
NHKの「風林火山」のホームページを見に行ってみました。

教来石景政(きょうらいし・かげまさ)
晴信の側近の一人。後に甲斐の名門・馬場家を継ぎ名将・馬場信春として後世に名を残した。


なんだよ馬場、こっそり出てたんじゃん!!!!

いえ……気がつかなくてすみません。 (/平伏)
[PR]
by marika_c | 2007-04-08 20:45 | 異世界と現実の真ん中で
『風林火山』視聴日記 (第13回「招かれざる男」)
途中から見たわけですが……今回も出ていた高坂さん。
なんとなく勘助の弟子ちっくですよ?……中後副に付き従う(?)本陣武将…。

本陣武将といえば、真田さん。
彼はいつ仲間になるんでしょう…というかどういう経緯で仲間になるんだ???
なんか、こー 幻想水滸伝とかで仲間集めてる…そんな気分になってきます。
晴信の前半生だけなら、RPGゲームで有りな感じはするのですよね~。
武田信玄はおっさんとしてのイメージ強いからアレですけど。

それにしても……
三条夫人かわいいなぁ……。
由布姫の顔が怖いので、可愛く見えるのかもしれないけど…でも可愛いや。

勘助は…相変わらず「正々堂々」の真逆を行ってるわけですが……
やはり軍師たるもの女心も分かるようでないとダメな気がしますね。なんとなく。
[PR]
by marika_c | 2007-04-01 20:45 | 異世界と現実の真ん中で
『風林火山』視聴日記 (第12回「勘助仕官」)
高坂さん(春日源五郎)でてたーー。
ちょっとかっこよかったー。
茉莉花の部隊長だから嬉しい!
そんな訳で信オンでも話題にしてたり。。。

 「高坂出てた」
 「ちょっとかっこよかった!」
 「でも少しホモっぽかった
 「…それは思っても言ってはいけない」

勘助無意味に近づきすぎ!
個人的には、「半ズボン」だったのが気になります。。。
半ズボンっつーっても、男薬師の染抜長絹くらいの丈なんだけど…
お館様もっとイケメンだったら、とある趣味傾向の人々の視聴率が稼げただろうに…詰めが甘いなN○K。

あとねー。後の名前。
高坂弾正じゃなくて香坂弾正なんですねー。
ドラマでは、父上存命っぽいから、ちゃんとした登場はもっと先かなぁ…。
というか…15才くらいらしいですよ?


あ、えっと。。。
メインの話は、勘助がやっと仕官するって話です。
原作の冒頭部分ですね~。
大河ドラマの主人公がこんな策使っちゃっていいのだろうかwと思います。
まぁ……勘助、飛んできた矢を人を盾に避けようとする男だからな~

第12話にしてやっと仲間になったわけですが、
三条夫人好きなので複雑ではありますね~。
[PR]
by marika_c | 2007-03-25 20:45 | 異世界と現実の真ん中で
『風林火山』視聴日記
今日は大河ドラマ「風林火山」の日
見た事あるような無いような名前の武将が出てくるので、躑躅が崎城に見に行こうとログインしたら、
徒党に勧誘されたので一緒に感想述べながら見てみたり。
イメージとしては、甲府の両替にある街頭テレビをみんなで見てるよーな感じ…w


さて、せっかくなので、大河ドラマ視聴日記を付けてみる事にしました。
ネタバレありですので注意。

----------------------------------
第2回 「さらば故郷」

勘助がお館様(信玄)に会う前のお話。
今回は勘助の生い立ちが語られます。
下級武士?(本当は地侍と言うらしいです)の家に生まれるも
ハンディキャップの所為で親から仏門へ進むように言われる12歳の勘助。
    「いきなり忍者から僧になれって言われても困るよなぁ…」
    「作り直し!しかも特化限定かよ」

その場に立ち会っていた大林さんちの養子になったものの、武者修行の旅から帰ってみれば
実子が生まれていて、勘助邪魔者扱いされたり、勘助の取ってきた敵将打ち取りの手柄を奪われたり…
勘助、家族運ないです。(ほろり)
一方、武田家では、
勝千代くん(やんぐおやかたさま)と信虎(お館様パパン)の仲がよろしくないです。
板垣さん(白い着物の人)も二人の仲を心配しています。
勝千代君は賢い子なんだけど、ある種の大人には可愛げの無い子に見えるのかもですね。
ちなみに次郎君(信繁)はごく普通な子供でした。
    ちなみに徒党では、板垣さんかっこいいとか勝千代くん可愛いとかで盛り上がってたデスw
大林の名をすて「山本勘助」になった勘助は……仕官先探しに奔走してます。
「推挙」を得るための手土産で密告とかあったり…なんかすっごく大変そうです。
…っていうか、それやっちゃ兄ちゃん売る事になるんじゃないのか?良いのか???
    「推挙キター。推挙ってホントはこんなに大変なものなんだ…」
     「名声足りないんだよ、きっと」
     「抜け道で家老様にマゲになって貰わないといけないんだな」

そして、竹やぶで何者かに襲われる勘助。
それは福島(読みは「くしま」。「ふ」はどこへ行ったんだろう?)に仕える兄だったのです!じゃじゃじゃーん。
    「え?ホントに抜け道?」とか「伐採キタ」とか思ったのはナイショ。
武田家では、勝千代が元服して武田晴信になりました。
勘助と晴信が出会う運命の日まであと○日。(「そのとき歴史が動いた」風)
次回も楽しみです。

---------

上にも書いたけど、「推挙」って大変なんですね。
よく考えれば、推挙すればその相手と一蓮托生だからなかなかもらえないのでしょうが……。
信オンだと「推挙くださいー」「待って、寄合で貰ってくる」とかなんで……なんかすごく感じますw
[PR]
by marika_c | 2007-01-14 21:00 | 異世界と現実の真ん中で
大河ドラマ!
<NHK>07年大河ドラマは「風林火山」

2007年の大河ドラマは、井上靖原作の「風林火山」らしいです。
「武田信玄の軍師、山本勘助の視点で戦国時代の人間模様を描く」という事です。

ふと川中島の中後詰で、信繁の隣で腕組んで立ってる忍者兄さんを想像してしまい、思わず笑ってしまいました。
[PR]
by marika_c | 2005-09-05 19:39 | 異世界と現実の真ん中で




『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、 『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

(C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、
もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。